Video   1993  1994  1995   1996   1997  1998   1999  2000   2001   2002

「スーパー神楽中川戸」デジタルアーカイブス構築事業

 

1993(平成5)年-2002(平成14)年  当時の映像資料をデジタル化


この事業は、神楽ブームのきっかけとなった、神楽団の奏楽や舞い方・新しい演出方法などを模索しながら現在に繋がる貴重な映像資料をデジタル化し、後世に残す事業です。
現在のホール神楽のきっかけは、1993年に北広島町の中川戸神楽団が「神楽」を初めて広島市内のアステールプラザ大ホールで開催した「神々の詩 スーパー神楽」が発端です。
1990年代初頭、広島県北部の北広島町(旧:千代田町)に全国でもめずらしい、神楽を中心とした映像を収録・販売する会社が設立されました。
今回その会社の製作した映像をデジタル化しました。
現在では、神楽団に入りたいために、地元に就職する高校生やU・Iターンも増えています。また、神楽人気をキッカケに、県内各地の伝統的な神楽が見直されるようになりました。
情報発信の整備により、「神楽」を日本の代表的な郷土芸能として、全国へ世界へ発信し、神楽が盛んな中国地方の市町村への観光客誘致を図り、地域活性化に取り組むことを目的としています。
 
この事業実施にあたっては、広島県北広島町の「平成29年度 きたひろ応援ファンド事業」の採択を頂き、多くの支援者の方々にご協力をいただきました。感謝しております。

 

Video Archives